ハーフウェイロゴ

ハーフウェイについて HALFWAY ハーフウェイについて
ご相談 SOLUTION お悩みご相談下さい
質問と返答 ANSWER ?にお答えします
お客様の声 VOICE お客様の声

SEM リスティング広告

SEM/リスティングってなに??

Yahoo!リスティング広告(旧オーバーチュア)スポンサードサーチや、GoogleAdwords広告をはじめとしたWEBサイトの広告です。
・検索キーワードにマッチした広告が常時される「検索連動型広告」
・Webサイトのページの内容にマッチした広告が表示される「コンテンツ連動型広告」
の主に2種類があり、興味が高いユーザーをターゲティングして広告を配信できるので、モチベーションの高いユーザーをサイトに誘導する事が可能となります。

SEM/リスティング広告のメリットは??
(メリット:1)無駄な広告費がかからない。
リスティング広告のキーワード単価は入札方式(オークション)のため、業種によっては、手頃な金額で始めることができます。また、あらかじめ予算設定が可能で、予算オーバーを未然に防ぐことができるため、計画的に運用できます。さらにはクリック課金のため、広告の表示段階においては料金が発生せず、無駄なコストを省くことができます。
(メリット:2)見込み客を絞り込んだ広告。
キーワード(ニーズ)に合致した広告出稿のため、目的意識の高いユーザーに対して、的確な広告表示が可能であり、とても費用対効果の高い広告であるといえます。また、広告の内容やキーワードは随時修正・停止することができます。
(メリット:3)大手ポータルサイトにも同時掲載
ヤフーやグーグルにリスティング広告を出稿すると、各運営会社が提携する大手有名ポータルサイトにも同時に出稿できるため、見込み客を逃しません。(アメブロ/日経ネット/価格.com など50社以上)
(メリット:4)通常の検索結果よりも上位に掲載。
リスティング広告の枠は、通常の検索結果に比べてより上位部分に設置しており、視覚的にも目立った箇所に広告の表示が可能なのです。
SEM/リスティング広告のデメリットは??
(デメリット:1)定期的に管理する必要がある。
リスティング広告を掲載するには、GoogleAdwordsやスポンサードサーチを利用し、出稿から管理までを一括して行わねばなりません。効果的なキーワードの選定、魅力ある広告文、タイトルの考案といった手続きや効果測定の実行は、非常に難しく繁雑な業務となります。
(デメリット:2)競合他社の調査が必要となります。
広告効果を最大化するため、まず競合サイトがどのようなキャンペーンをしていて、どのような広告を出稿しているのか、表示順位は何位なのか・・・等の調査をふまえた上で、自社の広告を考える必要があります。
(デメリット:3)1クリックあたり数百円から数千円になる場合がある。
リスティング広告は入札方式で単価が決定します。そのため競合が多いキーワードの場合、単純に価格での争いとなってしまい、上位表示に莫大なコストが掛かります。
(デメリット:4)誘導するホームページによっては効果が薄い。
魅力的な広告のおかげで、検索ユーザーを自社サイトに誘導できたとしても、リンク先のページがユーザーにとって的外れなものであれば、せっかくの見込み客を逃してしまうことになります。
SEM/リスティング広告デメリットの解決策
(解決策:1)出稿や管理業務を弊社が代行します。
出稿から管理までを一括して行なうには担当のスタッフ一人を要するなど人件費などのコストが発生してしまいます。目標を効率よく実施していくためには、入札単価の調整や予算の管理が必要となります。弊社が代行する事で低予算で確実な成果へ繋がる広告となるようサポート致します。
(解決策:2)導入前の調査も弊社が代行します。
御社のコンテンツ内容を確認した上で、競合他社の調査を弊社で代行します。
(解決策:3)キーワードの選定を代行致します。
お客様のサービスやターゲットユーザーについてヒアリングさせていただき、お客様の広告予算に合わせて最適なキーワードを選出致します。無駄なコストを避けるために、効果に応じて毎月のキーワード見直しを行ない費用対効果の高いキーワードを提案します。
(解決策:4)誘導した先のランディングページの制作を行ないます。
せっかく集客した検索ユーザーを逃さない為にもLPO(ランディングページ最適化)の制作、施策を承ります。サービスやターゲットユーザーに合わせて広告文を変化させ、サイトへの誘導率を高めます。また、検索キーワードに対して最適なランディングページを設定する事でユーザーの離脱を抑えます。

【LPO】ランディングページ制作はこちら

リスティング広告ご依頼はこちら

to Top